ゴールドマン・サックスも出資する機関投資家向けカストディ企業が「仮想通貨保険」を開始|英ロイズとの提携で実現
ゴールドマン・サックスも出資する機関投資家向けカストディ企業が「仮想通貨保険」を開始|英ロイズとの提携で実現
大手カストディ企業、110億円相当の仮想通貨保険を発表
ゴールドマン・サックスなどから出資を受けている機関投資家向けカストディ企業のBitGoが、英最大手保険企業ロイズを通じて、110億円相当の保険サービス提供を発表した。業界の信頼度向上つながる動きだと言える。

米仮想通貨カストディ企業BitGo、110億円分の保険を提供へ

機関投資家などの大企業向けのウォレットやカストディサービスを展開するBitGoが、英国の保険会社ロイズ・オブ・ロンドンを通じて、最大110億円の保険を提供することが発表された。

BitGo社は、ビットコインなど100以上の仮想通貨銘柄に関するサービスを提供しており、20億ドル(約2200億円)以上の資産を保管する。保険が適用されるのは、以下のケースだという。

  • 第三者による秘密鍵のハッキング・盗難
  • 従業員など内部関係者による秘密鍵の盗難
  • 秘密鍵の物理的損傷、又は損失

昨年9月、米サウスダコタ州の銀行部門(Division of Banking)からカストディ提供企業として認可されるBitGo社が総合保険を開始したことは、仮想通貨のセキュリティ面を懸念する機関投資家の信頼度向上につながる動きだ。

今回の保険について、BitGo社のCEOであるMike Belshe氏は、以下のようにコメントしている。

仮想通貨業界で最も完成された保険だと自負している。

これまでは、どのような状況で、どれだけの補償が出るのか不明瞭なことが課題だったが、弊社では、他のどの企業よりも補償内容に関する項目を明確にした。

現在、米国の大手仮想通貨取引所コインベースも、カストディサービスの保険を取得しているが、適用範囲はホットウォレットのみとなる。

ホットウォレットはインターネットに繋がっていることから即座の取引には向いているが、その分ハッキング被害のリスクに遭いやすく、今回のようにコールドウォレットの保険提供は珍しい。

保険を提供する、英ロイズ社Fine Art & Specie部門のNicholas Edwards氏は、以下のように言及した。

我々は、目紛しく変化を続ける新たな(仮想通貨)業界にある、BitGo社に適した保険商品の提供に向けて努力してきた。

BitGo社のセキュリティや管理能力について徹底した審査を行なった結果として、カストディ事業の信頼性とセキュリティ向上に貢献できることを光栄に思う。

また、上記の保険と並び、カストディ下のアカウント以外でも、ビジネス用ウォレットに対しても秘密鍵の復帰を可能とする補償サービスの提供も開始される。

こちらは、英FCA(金融行動監視機構)の監視下にあるDigital Asset Services社が、以下の保険も提供する予定だ。

  • 役員賠償責任保険
  • 専門職業賠償責任保険
  • サイバー盗難
  • 企業保険

仮想通貨市場の課題とされるカストディを提供する大手企業の「保険適用」が開始されることは、業界全体のスタンダードを高めることにつながるだろう。

CoinPostの関連記事

BTC高騰を契機に、Grayscaleが提供するGBTC投資信託が、36%のプレミア価格まで上昇した事がわかった。
専門家は機関投資家関心の指標として注目している。
ウォール街メガバンクゴールドマンサックスが仮想通貨90種類以上対応のカストディ・サービスに出資を敢行。
この出資の背景にはゴールドマンがカストディ事業へ本格参入の第一歩として話題となっている。

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です