「今回の仮想通貨の冬はそれほど厳しくはない」米大手仮想通貨ファンドCEO|転換期のカギに言及
「今回の仮想通貨の冬はそれほど厳しくはない」米大手仮想通貨ファンドCEO|転換期の鍵に言及
投資ファンドCEOが低迷する市場を語る
米国初のBTC投資ファンド会社であるPantera CapitalのCEOを務めるDan Morehead氏は、ポッドキャストに出演し、低迷する仮想通貨市場について様々な見地を語った。

投資ファンドCEOが語る、仮想通貨市場の転換期

米国初のBTC投資ファンド会社(2013年より)であるPantera Capital(パンテーラ)のCEOを務めるDan Morehead氏は、ポッドキャスト「Unconfirmed」に出演し、現在の仮想通貨市場が低迷していることに関して、以前と現在の低迷期(仮想通貨の冬時代)を比較しつつ、同氏の見解を述べた。

まず最初に、Morehead氏は仮想通貨市場が低迷する中、投資をする際、どのような点に気を遣っているかについて語った。

今の(2018~2019)は実は2回目の仮想通貨の冬だ。1度目の冬は、2014年〜2015年にかけて訪れた。

我々が投資を行う際は、長期的に期待が持てるかどうかというように、常に5年から10年先のことを考えている。

なので、値動きにあまりとらわれないように、心がけている。そうしたことを考えると、仮想通貨・ブロックチェーン自体はまだまだ黎明期にある。

ただリアルタイム+24時間で価格が表示されるという、独特の特徴を仮想通貨は備えており、それが仮想通貨・ブロックチェーン市場にとって大きな妨げとなっている。

その後、司会者は「以前の2014年から2015年の低迷期と比べ、現在の低迷期とどのような違いがあるか。」との質問に対し、Morehead氏は、以下のように答えた。

前回の仮想通貨の冬の時には、もっと胃がキリキリした。ブロックチェーンが本当に機能するのか、あるいは、規制のリスクに押しつぶされるのではないかとも思った。

だが、現在のファンダメンタルは2014・2015年に比べ、はるかに強固なものになってきている。

このように同氏は、前回の低迷期に覚えた不安を感じることは無いとし、仮想通貨・ブロックチェーン市場をポジティブに捉えているようだ。

そして、この低迷期脱出において重要なポイントとされる、機関投資家の参入についても言及された。

常に、「いつ仮想通貨市場に機関投資家が参入するのか」について議論されているが、実は今すでに、機関投資家からの資金を受け入れられるような環境が整っているのではないかと思っている

機関投資家は、しっかりと規制が整備され、名も知れたカストディアンを求めているが、以前は、そうした素晴らしい取引所やXapoのようなカストディアンは存在しなかったし、機関投資家を呼び込めるような、世界的に名の知れたものは本当に無かった。

だが今は、ICEのBakktやフィデリティ、数ヶ月後に機関投資家向けカストディのローンチを予定しているErisXなどが存在している。こうしたものが追い風となり、機関投資家からの資金流入を促進すると思う。

上述したように、同氏は、機関投資家が参入するための基盤は整っているのではないか、との考えを示した。

去年の10月中頃、仮想通貨ヘッジファンド熱が高まる一方で、仮想通貨市場全体の下落により、思うようにパフォーマンスを維持できていないファンドが目立っていた。Panteraやその他の大手ファンドも例外なく影響を受けており、厳しいポジションに立たされてはいたものの、依然として同社のCEOは、仮想通貨・ブロックチェーン市場の将来性に期待感を抱いている格好だ。

CoinPostの関連記事

2019-02-21 08:01
2019-02-21 12:51

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です