仮想通貨市場の関心を集めるイーサリアム大型アップグレード「Constantinople/St. Petersburg」が迫る|マイニング報酬やGASに大きな変化
仮想通貨市場の関心を集めるイーサリアム大型アップグレード「Constantinople/St. Petersburg」が迫る|マイニング報酬やGASに大きな変化

イーサリアム財団公式発表、大型アップグレード予定日
イーサリアム財団の公式ブログより、大型アップグレードの「Constantinople/St.Petersburg」の実施日と実装ブロック・ナンバーが掲載されている。2月28日前後に予定。

イーサリアム財団公式発表、大型アップグレード予定日

イーサリアム財団の開発者Hudson Jamessonは、財団公式のブログにて、大型アップグレードの「Constantinople/St. Petersburg」の実装をブロック・ナンバー:7,280,000、実施の予定日を、2月28日木曜日(日本時間3月1日金曜日前後)との知らせを掲載した。

以前にも紹介した様に、今回のアップグレードは二段階の編成となっており、まずは「Constantinople」を実装し、もともとの予定日であった1月に発見した脆弱性である「EIP 1283」を削除するために、2次アップグレード「St. Petersburg」を続けて実装する仕組みとなっていることは今回のブログでも説明が行われている。

このアップグレードの最大の特徴は以下の様に取り上げられている。

  • EIP 1234:「ディフィカルティボム(マイニングの難易度を徐々に上げていくプログラム)」の延長、マイニング報酬の減少「3ETH→2ETH」
  • EIP 1283: Gas計量法の変更により、Gasコストの削減
  • EIP 145: 「ビットワイズ・シフティング」と呼ばれるイーサリアムにおけるプロセスの効率向上
  • EIP 1052:特定のアドレスハッシュを生成するラージ・スケールコードのオプティマイズ化
  • EIP1014:実際にアドレスが形成される前にアドレスを決めてやり取りを可能にする

アップグレード際、ユーザーの注意点とは

同ブログによれば、BinanceやCoinbaseなどの取引所、または、Metamask、MyCrypto、MyEtherWallet、もしくはLedger、Trezorなどのイーサリアム対応のウォレットを使用するユーザーには、そのプロバイダーからのインストラクションがない限り、特に自ら対応する必要はないとのことだ。

さらに、大手仮想通貨取引所Huobiは前日、今回のアップグレードに対応する予定だと発表した。

Huobiも以下の様に取り扱う予定となっている。

  • 予定日:3月1日前後
  • ブロック・ナンバー:7,280,000

「St. Petersburg」に関する詳しい情報はこちら

2019-02-13 12:15

CoinPostの関連記事

2019-02-25 11:50
2019-02-22 12:40

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です