米アップル社共同創設者、仮想通貨ビットコインへの楽観的見解を継続 関心の先は実用面
米アップル社共同創設者、仮想通貨ビットコインへの楽観的見解を継続 関心の先は実用面

アップルのCo-Founder、今もBTCに楽観的
世界有数のIT企業アップルの共同創設者Wozniak氏が、仮想通貨ビットコインに関する見解を語った。ビットコインを売却した事を明かしているWozniak氏の関心は、実用面にあるという。

アップルのCo-Founder、今もBTCに楽観的

世界有数のIT企業アップル(Apple Inc.)の共同創設者であるSteve Wozniak(以下ウォズ氏)が、米有力紙ブルームバーグの取材に応じ、人工知能や機械学習そして仮想通貨・ビットコインに関して様々な見解を語った。

「ビットコインは将来、世界共通の通貨になれるか」との質問に対し、「現在ビットコインの価格は大幅に減少したので、世界共通の通貨になるかどうかは分からないが、ビットコインには巨大な価値(バリュー)の創出がすでに見られている。」と発言し、依然としてビットコインに対し、強気な姿勢を示している事を明かした。

そのような中でも、ウォズニアック氏が強調したのが、ビットコインの実用性だ。

ウォズニアック氏は、ビットコインが2017年12月、2万ドル(229万円)に到達した時点で、全所有BTCを全部売却したことを明かしているが、ブロックチェーンだけでなく仮想通貨の有用性に関する発言を繰り返し行なっている。

今回もその考えを一貫し、あくまでも将来の巨大な価値の創造を見ていると発言、ビットコインに対して投資家としてではなく、世界の国々の中でビットコインを利用し、その実用性を試しているとした。

投資家として保有する事をやめた理由として挙げているのは、乱高下する不安定な値動きに、精神を保てなくなることを危険視した点であるが、あくまでも実用性をテストできる範囲で、精神に影響しない少額の保有を行なっている可能性を匂わす発言が今回見られた。

ウォズ氏の今回のコメントは2018年と比べやや控えめになってはいるが、依然として、ビットコインの実用面でのポテンシャルを楽観視していることがわかった。

CoinPostの関連記事

2019-02-27 18:20
2019-02-27 17:42

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です