米仮想通貨取引所、買収先「ニュートリノ」のハッカーを全員解雇|人権侵害の発覚を受け
米仮想通貨取引所、買収先「ニュートリノ」のハッカーを全員解雇|人権侵害の発覚を受け

米仮想通貨取引所コインベースCEO、「ニュートリノ買収」で、元ハッカーを解雇
米大手の仮想通貨取引所コインベースは、先日買収したばかりのブロックチェーン分析企業「ニュートリノ」に所属する元『ハッキング・チーム』構成員を全員解雇すると発表した。買収前のデュー・ディリジェンス不足を露呈した格好だ。

Coinbase、「ニュートリノ」のハッカーを全員解雇

米大手仮想通貨取引所CoinbaseのCEOを務めるBrian Armstrong氏は、先日買収したブロックチェーン分析企業「ニュートリノ」に所属する元『ハッキング・チーム』のメンバーを全員解雇することを3月5日の公式ブログにて発表した。

ニュートリノ社は、ブロックチェーン利用のセキュリティ情報収集・分析を行うスタートアップで、取引記録の分析によるマネーロンダリングやテロ資金への対策を提供するとしているが、以前同社のCEOやCTOを勤めていた人物は、過去に人権侵害への関与疑惑のある企業『ハッキング・チーム』を主導していたことが、複数のメディアによって暴露されていた。

そのような背景がある中、コインベースがニュートリノ社を買収したことにより、「#Delete Coinbase」という形で、SNS上で反対運動が始まる騒動になっていた。

Armstrong氏は、『ハッキング・チーム』の元構成員を全員解雇する決定に至った理由に関して、以下のように説明を行なった。

我々は、オープンな金融システムを提供するために、AMLとKYCを実施しており、多くの仮想通貨アセットをより多くのユーザーに提供することを目指している。

ニュートリノ社が提供するサービスは、我々の目標に一致したために買収を行なったが、より深く調査を行なった結果、以前『ハッキング・チーム』に所属していたスタッフが、(人権侵害へ加担していた過去が発覚したため)当社を去ることに合意した。

さらにArmstrong氏は、以下のように反省点を述べた。

規制された仮想通貨取引所を運営する上で、様々なトレードオフせざるを得ない場合もあるが、今回のトレードオフは不適切だった。今後も我々は法律に遵守したサービスの提供に尽力すると考えている。

ニュートリノ社の買収に関する詳しい記事はこちら

2019-03-04 16:14

CoinPostの関連記事

2019-03-01 07:24
2019-02-26 12:56
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です