米CFTC「仮想通貨の父」 任期満了を間近に自身の規制スタンスを語る
米CFTC「仮想通貨の父」 任期満了を間近に自身の規制スタンスを語る
CFTCの「リプト・ダッド」自身のこれまでの規制スタンスについて語る
仮想通貨への寛容なアプローチからクリプト・ダッドとして知られるCFTC委員長が金融フォーラムに登壇。任期満了を迎える同氏は規制強化の意見を退け業界の成長を見守ってきた自身のスタンスを語った。

仮想通貨業界の成長を見守ってきたクリプト・ダッド

米CFTC(米商品先物取引委員会)の委員長を務めるJ. Christopher Giancarlo氏が4日に、ブカレストで開催された金融フォーラムに登壇。

ビットコインなど仮想通貨・ブロックチェーンへの肯定的な姿勢で「仮想通貨の父(クリプト・ダッド)」ともコミュニティから称される同委員長は、今月末に任期満了となる自身のキャリアを振りかえりつつ、CFTCのビットコインに対するこれまでの規制スタンスについて語った。

同氏のスピーチ
によると、CFTCのアプローチは「ビットコインのような暗号資産に関する新しいデリバティブ商品の開発の育成」であったが、そこには否定的な意見もあったと、次のような言及した。

仮想通貨やそれの基盤技術の開発の阻害に我々CFTCの管轄権限を実施するように要求されたこともあったが、我々は市場の動向を深く観察しつつビットコイン先物のような新たなプロダクトの導入を妨げないようにしてきた。

Giancarlo氏が規制の要求を退けてきたということの意味合いは大きい。CFTCの仮想通貨に対する寛容な姿勢は、CboeとCMEのビットコイン先物取引提供の認可などにも繋がっているに違いないだろう。

しかしながら、仮想通貨市場の重要ファンダとしても期待されるBakktやErisXが提供する機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォームについては、現在認可の見通しは不透明な状況となっている。

そのような状況ではあるものの、同氏のこれまでの仮想通貨に対する親和的なアプローチは業界の発展に寄与してきた。

同氏の任期の終了に伴い新たな人物がその役割を担うこととなるが、同氏のこれまでのアプローチがどのように取り扱われていくのか、今後のCFTC動向にさらなる注目が集まるだろう。

「クリプト・ママ」もGiancarlo氏をフォロー

Giancarlo氏は先月、「DCブロックチェーン・カンファレンス」でも、ビットコイン先物の承認に関して発言をした。

CboeとCMEのビットコイン先物の開始によって、多くの投資家には、ビットコインの投資に触れる機会ができ、そして投機もできるようになった。しかし私は、(2018年に見られた)仮想通貨市場の下落は、投機的バブルの収束につながったと見ている。

価格が下落した影響で、この新技術や資産クラスに関する投機の熱が冷やされ、今、技術や実需の普及に費やす時間は十分に生まれたからだ。

Giancarlo氏と同様で、仮想通貨やブロックチェーン技術のイノベーションを妨げる規制に反対の意見を示してきた、「クリプト・ママ」としても知られる米SECのコミッショナーHester Peirce氏は、このスピーチに賛同している。

Peirce氏は「クリプト・ダッドのスピーチは素晴らしかった」と、ツイートをした。

両氏のような規制当局の中でも寛容な姿勢を示す人物は、今後の業界の発展に必要な存在であると言えるだろう。

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です