仮想通貨取引所BitMEXのCEO「ビットコイン市場の最高値はこれから」
仮想通貨取引所BitMEXのCEO「ビットコイン市場の最高値はこれから」
新世代がビットコイン価格を市場最高値まで後押し
大手仮想通取引所BitMEXのCEOであるArthur Hayes氏は、ミレニアル時代の消費傾向を分析し、ビットコインはこれから史上最高値を記録すると確信していることを明かした。

BitMEX CEO「ビットコイン市場最高値はこれから」

大手仮想通貨信用取引所BitMEXのCEOであるArthur Hayes氏は12日、ミレニアル世代(20代〜30代)のあらゆるデジタルなものへ対する愛が仮想通貨の大幅普及を後押し、必然的にこれからビットコインは史上最高値を記録するだろうと、仮想通貨アナリストの「Venture Coinist」とのインタビュー内で語った。

同氏は、ベービーブーマー世代(戦後から1964年まで)が資産の整理をする時期に突入しており、一方でミレニアル世代が主要資産形成期間に入ったことを指摘し、

特にミレニアル世代の若い層は、デジタルネイティブであり、「モバイル優先」な傾向にある。彼らは幼い頃からモバイル画面と親しみ、他人と直接的なやりとりがほとんどないサービスを利用するのを快適だと思っている。

したがって、この様なサービス消費における世代間の変化を、金融サービスのエコシステムに適用すると、次の10〜20年では、アナログなお金の取引は成功しないことが分析できる。一方で大成功を収めるのは、モバイル優先な、インターネット上のみで取引が完結するプラットフォームとなるだろう。

またHayes氏は、世界各地で相次いで計画されている紙幣刷新が、ビットコインの価格を2019年末までに1万ドル(約110万円)まで押し上げると考察している。ミレニアルが大手テック企業へ投資した後に、仮想通貨への投資を開始すると考えているようだ。

今から2,000ドル(約22万円)から3,000ドル(約33万円)の価格帯まで、一度落ち込むかも知れない。予定されているLyft、Uber、Pinterest社などの大手テクノロジー企業のIPO上場は、市場の流動性を確保するだろう。そして、その後の投資先として仮想通貨の順番が回ってくるはずだ。

Hayes氏はこのように、来る停滞期を示唆しつつも、2から5年以内には現金が完全に消滅し、ビットコインは5万ドル(約560万円)以上に達するだろうと予測した。

2018年末の相場暴落に対する予測が的中したHayes氏は先日、今年のビットコイン価格の予測をブログにて公開した。その際も、今年の第4四半期(10〜12月)の初め頃にビットコインの価格は回復し始め、年内1万ドル(約110万円)に向け上昇していくだろうとした。

なお、Hayes氏は回復のカギが「FEDのバランスシートの拡大」と「中国の経済政策」にあると見ている。

機関投資家の仮想通貨領域への参入が加速する中、年末までに若い世代の投資先としても仮想通貨が主流になってくるという予測はもっともだが、近年内のユーザーへの大幅普及は時期尚早かも知れない。いずれにしろ、新世代のデジタル愛は既に仮想通貨と彼らの距離を縮めている。

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です