仮想通貨格付けに新基準を採用 複数のアルトコインにランク変動

Weiss格付けに新たな基準

仮想通貨格付けを手がけるWeiss Crypto Ratingsは、新たな格付け基準を導入した。普及率の高い通貨を高く評価し、模倣品のトークンには低い点数を付与する仕組みに変更するという。

模倣通貨とは、主要な通貨のコードをコピーし、小さな変更を加えて新たな通貨として売り出している事が定義となるようだ。オリジナリティを基準として取り入れつつ、マーケットパフォーマンスと普及率に重点を置いた評価基準を設けることになる。

Weissは新たな評価水準で、日々変化する仮想通貨に適用し、より正確な判断ができる評価格付けを設けることを目的としている。

新評価水準を基に算出した評価値は技術面・普及レベルにおいて、ビットコインとイーサリアムがA、EOSがA-、XRP・ライトコイン・カルダノ(ADA)がB+と高評価を獲得。総合評価では、ビットコインとイーサリアムがB+、EOSがB、XRPやライトコインなどはB-との順で並ぶ。

総合評価Aに該当する通貨は現時点でない。複数のアルトコインではランクダウンも見られている。

出典:weisscrypto.com

価格のパフォーマンスを測定する「リスク・リワード」項目が加わっている。この項目で最も高い評価を受けているのは、BNB(バイナンスコイン)とテゾス(XTZ)で双方ともにC-。それに続くD+の通貨は、BSV、Holo(HOT)、Fantom、Cosmos(ATOM)との4銘柄だ。

出典:weisscrypto.com

なお、7月の評価は以下の通りだ。

出典:weiss ratings

参考:weisscrypto.com

CoinPostの注目記事

米ナスダック、初の分散型金融アルトコイン指数を提供
米ナスダックは初のDeFiアルトコインインデックスを追加した。MakerDAOや0xなどの分散型金融銘柄に特化した指数になる。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/20更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です