「仮想通貨収集で記念通貨をゲットせよ」世界初:リトアニア中銀が2020年に計画

世界初の中銀デジタル・コレクターコイン

東欧リトアニアの中央銀行は、世界初の「デジタル・コレクターコイン」を発行する予定だ。9日のプレスリリースで発表した。

デジタルトークンを収集することで、物理的な記念銀貨と交換できる仕組みを組み込む。中銀としてはブロックチェーンに対する学習過程としてプロジェクトを採用したという。

この通貨はブロックチェーン基盤に基づくもので、2020年の春より発売する見込みだ。

1918年2月16日のリトアニア独立法と、それに署名した20人に対する記念通貨として発行されるもので、中銀デジタル通貨(CBDC)とは異なる。独立の年を記念して、デジタルトークンと交換できる銀貨は19.18ユーロの額面を持ち、そのサイズや形はクレジットカードに類似する。

リトアニア銀行理事会メンバーは、リトアニアの歴史において1918年の独立法が重要な役割を果たしているため記念コインをテーマとして選んだと語った。

ゲーム的な要素も

リトアニア銀行は、ブロックチェーン技術によって作成された24,000のコレクタートークンを発行する予定だ。若い世代の関心も引き付けるために、ゲーム的な要素も取り入れている。

各トークンは、独立法に署名した20人のうち誰かにフィーチャーしており、その20人が専門としていた分野によって6カテゴリーに分類されている。各カテゴリーには、それぞれ4,000トークンが割り当てられている。

デジタルコインを購入した人は、ランダムにデジタルトークンを割り当てられることになり、6つのカテゴリーのすべてからトークンを収集した場合にのみ、物理的な記念銀貨と引き換えることができるようになっている。

トークンは、リトアニア銀行のeショップで購入と保管ができる。

フィンテック・イノベーションの一環

責任者によると、このプロジェクトは中央銀行にとってブロックチェーンに対する学習過程で、仮想通貨を作成することにより多くの経験が得られるとしている。仮想通貨が台頭し、各国の中央銀行が議論している今、こうした知識を得ておくことは理にかなっていると説明した。

リトアニア中銀の技術革新やフィンテック・イニシアチブの1つのステップにすぎないともコメント。今後のプロジェクトの継続も匂わせた。

リトアニア銀行は今年10月、そのブロックチェーンプラットフォームの開発を担う企業の最終候補として、巨大テクノロジー企業IBM社、またITサービス企業Tieto社を選んだことを発表している。

参考:MarketsInsider

CoinPostの注目記事

デジタル人民元、2都市でテスト運用を開始か=財形
中国の中央銀行が7つの国有企業と提携してデジタル通貨を深センと蘇州で試験的に実施する予定である。中国メディア財経が報道でした。
フランス中銀、来年Q1にデジタル通貨の試運転を予定:公式発表
フランスの中央銀行は2020年Q1よりユーロのデジタル通貨をテストする計画を明かした。試運転の対象はプライベート金融セクターのみ。

Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です