ゴールドが7年ぶりの高値更新、リスクヘッジ手段としてビットコインにも白羽の矢

ゴールド、再び高値更新米ニューヨーク金先物相場は3日続伸。新型コロナ第2波を懸念した資金逃避目的の買いが入り、7年ぶりの高値を更新した。外国為替市場でドルがユーロなどに対して下落し、ドルの代替投資先とされる金先物の買いも後押ししている。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心にある8月限は0.9%高の1オンス=1782ドルで取引を終えた。中心限月の終値としては2012年10月4日以来の高値となった。過去のデータを確認すると、2011〜2012年にかけて反落した1790〜1800ドルのレジスタンスラ…
Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です