ビットコイン大幅下落の背景にNYダウ市場、PlusTokenの仮想通貨大量移動やマイナー売り懸念も

仮想通貨市況米NYダウが再び急落、前日比710ドル安の25,445ドルと大幅下落した。国際通貨基金(IMF)は24日、2020年の国内総生産(GDP)見通しを-3%から-4.9%と下方修正。より深刻なリセッション(景気後退)に陥るとの判断を下した。一方、2021年は新型コロナの一定の終息と経済再開を見据えて5.4%増を見込んでいる。昨今の市場心理の急悪化について、米国を中心に新型コロナウイルスの第2波懸念が強まっているとの論調に支配されているが、現在の状況からも世界経済の景気回復まで時間を要するであろうこ…
Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です