中国のビットコイン全面禁止は実情と異なる?北京仲裁委員会が語る裏事情とは

中国の事情がより複雑に中国で、「バーチャルコモディティ」としての仮想通貨ビットコインは、政府に禁止されているというのが通説にあった。しかし、関連業務すべてが禁じられているわけではないようだ。今回、仮想通貨の取引を水面下で行えることが示唆された。中国の公民、法人及びその他の組織間において発生した契約紛争とその他の財産権益紛争を解決するための独立機構である北京仲裁委員会(NPO)が30日に発表したレポートによると、中国政府はビットコインを完全禁止はしておらず、実情はより複雑だという。ビットコインの法的分類北京…
Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です